すると、色々なランキングがあるサイトに行くことがあります。料理研究家にもランキングがあると言うことをご存知ですか。参考にしてください。もちろん、このランキングは、ブログの管理者が掲載しているものです。ですから、どの程度の信頼性があるのかわかりませんよ。(笑顔)

<ランキングについて>

レミパンは、あまりにも有名になったと言えます。そう思いませんかね。この鍋!?フライパン!?を使っている女性は多いと思います。プロの料理人ではありません。なんと、シャンソン歌手だったと言言います。そんな平野レミさんです。芸術の何かをやっている人は、料理が芸術に見えているのかもしれませんね。(笑顔)それから次に2位です。栗原はるみさんになります。ご存知ですか。そんな人です。

日本だけではありません。次に3位のケンタロウさんがいます。ご存じの様に小林カツ代さんの息子ですね。今ではお母さんを越えるくらいの人気です。次は土井善晴さんがいます。こちらも親子の料理研究家と言うことです。やはり親の影響は大きいと言えますね。現代的な日本の家庭料理を提案している人です。それから次に、服部幸應さんがいます。この人は、調理師の世界では有名な人ですよね。服部家は、江戸時代から料理人の家系と言います。料理研究家の本を読んでみてください。(笑顔)

ダイエットをすすめていると自分に厳しい食べ物の制限を設けてしまう人もおりますが断食などの減量は、懸命です。

ダイエットをしていても腹ペコになってしまったら無理をせずに召しあがってください。

その時、なるべく低カロリーのものを属するようにすれば体重がいきなり増したりすることもありません。

基本的にこれさえ食べれば痩せるという食べ物はないと言えます。

しかし、カロリーが低いものや、食物繊維を豊富に含んでいて、お通じに良いものは痩身効果がありますよね。

あなたもご存知のように、野菜やきのこ類、海藻類を積極的に取り入れると、体重が増えにくくなるでしょう。

また、体重が増えそうな食べ物を制限することも大切です。

ダイエットが継続できないという場合は、減量に成功した方の体験談を参考にしてみましょう。

インターネットなどで見かける記事などは信じきれないと思うので、可能ならば親しい人の体験談をじかに尋ねることがお勧めです。

成功の経験を聞くことでやる気がアップします。

目的を持って歩くことによってダイエットで注意することは、歩く事を必ず40分以上する事です。

歩く事のような酸素を摂り入れる運動で、体内の脂肪が燃え始めるのは、始めてから約30分たってからです。

10分や20分くらいのウォーキングでは、脂肪を燃やすことはできず、ダイエットをする効果はかなり薄くなってしまうので、注意する事が大事です。

勤め先の上司・同僚・後輩との関係の精神的な負担で、最近は、自分でブレーキがかけられないくらいの食欲が湧いて、めちゃくちゃ食べています。

頬にも顎にも二の腕や、お腹周りにも、お肉がついてぷよぷよで、どうにかして痩せたいと考えているのですが、なかなか、体を動かす暇がありません。

こういう場合には、あまり苦労しないで痩せられる薬が、存在したらいいのになって思います。

大変な思いをしないで、痩せる薬があるのなら、1万や2万でも払う気はありますね。

それくらいせっぱつまった思いです。

ダイエットして健康的に体重を落としたい場合には、ウォーキングで体を動かすのが有効です。

これはスイミング、歩いたり走ったりといった運動のことです。

さらに、栄養面を配慮すべき点はプロテインなどの、いわゆる良質なタンパク質を体内に取り入れることです。

脂肪を燃焼させるためにはタンパク質が不可欠なのです。

ダイエットをずっとやってると、カロリーを計らなくても、摂取カロリーの大まかな数値が見当がつくようになってしまいます。

肉に米、野菜をこのくらい摂取したので、本日のランチはこれくらいのカロリーをとったという具合に計れるのです。

太っていた時があるので、しょうがないのですが、少々切なくなります。

最近、ぽっちゃりになったので、痩せよう調べていたら、いいやせ方を見つけました。

それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。

有酸素運動は効果的で食事制限を頑張るより早く結果が出るらしいです。

私も数週間前から有酸素運動を取り入れていますが、順調に痩せてきて嬉しいです。

走ることはことのほかききめがあるんだなと思いました。

ダイエットに効果があるのは息の上がる程度の運動と筋トレです。

遅筋は有酸素運動で主に使われますが、筋トレで使うのは速筋を使います。

遅筋は筋が大きくなりにくく、見た目がマッチョになりにくいです。

この遅筋と速筋を同時に鍛えると、素敵なスタイルになります。

どうしても避けられないのがダイエットしても体重が減らなくなってしまう期間です。

こういう状態でどうすればいいのかというと、これが原因でダイエットを休んでしまう人もいますが、無理をせずに続けるのが大事です。

もし、運動を中断してしまっているのなら、食事だけはカロリーに気を配ったり、食事に気を配らないのなら、運動オンリーでも続けましょう。

ダイエットを行う際にまずしておくべきことは基礎代謝量の数値を出しておくことが重要な第一歩です。

基礎代謝とは、特になにも動いていない状態において消費されているエネルギーのことを指すので、大きければ大きいほど、体質的には太りづらいと考えられています。

基礎代謝の計算はネット上のサイトで確認することができますので、使ってみて数値を確認してみるといいと推奨します。

すでに20年くらい前になりますが、その頃、流行った海外製の減量効果のあるサプリを験したことがありました。

流し込んでしばらくすると、胸がドキドキしたり、呼吸が荒くなってきました。

私自身、効果があると判断すればいいのか、体に適さないのかわからず怖くなり、一瓶で飲むのを中止することにしました。

結局、体重も何も変わりませんでした。

減量を目指すには筋肉を付けて基礎代謝量をつけていく事が重要です。

中でも、ダイエットする為にはどのような筋トレが求められるのでしょうか?マラソンなどの有酸素運動が効果的ですが、あまり熱心にやりすぎると、逆に筋肉がつきにくいと言われています。

大した程度でない有酸素運動の以後に筋力トレーニングを実施し、その後、また軽度の有酸素運動を行うのが結果が出やすいようです。

以前、炭水化物を切り詰める手法で減量を試みたことがあります。

よく噛むことで、満足度をあげようとしましたが、厳しかったです。

日本人ですので、時々は、がっつりと白米を恋しく思います。

ですから、今は、炭水化物の摂取は夜だけは控えますが、朝食と昼食はごく普通に摂ることにしています。

ダイエット食と言われたときのイメージは脂肪分や糖分が控えめに入っているものが浮かびやすいと思いますが、私個人の経験からすると、塩分が控えめの食事が効果的だったと思います。

特に、下半身の脂肪が気になっている人は、まず減塩をしてみることを勧めさせて頂きます。

関連ページ